キャッシングの総量規制に関する基礎知識

キャッシングをこれから利用しようと検討されている方や、既に借り入れの申し込みをされている方の多くは総量規制という言葉を聞いたことがあると思います。キャッシングにおける総量規制とは、主に年収等の3分の1までに借入金額が制限されるという原則になっており、それを超えるような借り入れをすることができない仕組みのことです。

しかしながら、現実の生活においては借入金額を年収の3分の1で制限されてしまうと、お金が足りなくなってしまうということもあると思います。そこで高額な借り入れを検討されているという方には総量規制対象外となるキャッシングサービスを利用することがお勧めとなってきます。

基本的に一般の消費者金融キャッシングは総量規制の対象となり、銀行系キャッシングでは総量規制対象外で借り入れをすることが可能になります。そのために、年収の3分の1を超えるような借り入れが必要になってしまうという方は、銀行系のキャッシングを選択することが大切になってきます。

消費者金融と銀行系キャッシングの使い分けとして、少額な借り入れでスピード融資を受けたいという方には消費者金融キャッシング、高額な借り入れで審査に時間がかかってもいいという時には銀行系のキャッシングを利用するというのが2つのキャッシングの使い分けとなります。総量規制によって高額な借り入れが消費者金融からできなくなっていますので、年収等の3分の1を超えるような借り入れをする際には、銀行系キャッシングの窓口で相談してみましょう。


【キャッシングおすすめサイト】
:即日で借入れ可能なキャッシング即日に対応しているキャッシング会社詳しい比較。はじめてのキャッシングの際に参考になる知識が多く解説されています。

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク