メリットがたくさん!魅力的な信用取引

私のように限られた資産で株を取引する場合、
全体の投資金額に限界があるためチャンスを逃すことがあります。
例えば絶好の押し目のタイミングで今後の株価上昇が見込めても、
すでに限界まで株を買っているので新たな投資ができない。
株の世界では資金を拘束されてチャンスを逃すことは負けも同じ。
目の前のチャンスを逃しているようでは勝てません。
そこで手持ち資金が少ない場合でも、
もっと株を購入できる仕組みとして信用取引があります。

信用取引は簡単に言えば証券会社から資金や株を借りて行う取引で、
この制度をうまく使えば手持ち資金が少なくても、
委託保証金(担保)の金額に応じて資金を調達できます。
借りれる金額は委託保証金率によって変わりますが、
委託保証金率は30%以上で証券会社が設定することになっています。
仮に委託保証金率30%で手持ち資金が50万円の場合、
150万円まで株を買うことができる夢のような仕組みです。
しかし資金を「借りる」わけですから当然金利が発生しますし、
持ち株の株価が下落したことで委託保証金率を割り込むようになると、
追加で保証金を入れなければならないリスクがあります。
つまり株をたくさん買えるメリットばかりではないということです。

しかし、信用取引では現物取引ではできない「カラ売り」ができます。
カラ売りとは証券会社から借りた株を市場で売り、
一定期間後に買い戻して利益を得る投資方法で、
この方法を使えば株価が下落しているときでも利益が得られます。
さらに欲しい株主優待を見つけた場合にもカラ売りは有効。
現物取引の買いと信用取引のカラ売りを同時に入れることで、
株価変動分の損得を気にすることなく株主優待をゲットできます。

このようにリスクはあれど資金の少ない私には魅力的な信用取引。
始めるためにはある程度の投資経験が問われるそうなので、
まずは現物での利益を狙いに行きます。
でも株に慣れてきたら必ずやるでしょうね。
底値からの株価上昇を狙うより、
高値からの株価下落を狙うほうが勝率高そうなので。

カテゴリー: 信用取引 パーマリンク